11月末時点でのサマール州での被害調査の結果

1476409_10201606485658260_732291231_n
建築物は、大型のものも含めて、95%が破壊された。

バランギガ町では3,186軒中2,986軒が全壊。13人死亡、5人行方不明。

1459937_10201606469497856_1596600057_nギポーロス町では3,917軒中2,700軒が全半壊。12人死亡、5人行方不明。

ケナポンダン町では2115軒が全半壊。10人死亡。

3町の住民の20%が近隣地域に避難中。セブやマニラに避難移転した者もあり。
1394432_10201606476498031_1176778682_n
1016881_10201606475137997_696136132_n

西サマール州全体で76,369軒全半壊。252人死亡。行方不明40人。負傷7,633人。

漁船および漁具は全損。漁民は現段階まで漁はできていない。

ココナツの木は沿岸でも高地でも全損。
1468717_10201606483218199_1593932137_n
耕耘機、脱穀機、穀物乾燥機等の農機具が全損、あるいは流失。

農漁業損害約40億円。
1452504_10201606465417754_1865091918_n
牛、水牛、鶏はすべて流失。

(調査および写真:フィリピン農村再建運動PRRMスタッフ・ドンドン・アガトンDondon Agaton)