台風ヨランダの襲来から約4か月後、東サマール州の漁村で会った若いお母さん。21歳の彼女は、まだ生後一か月の娘を連れて高台に逃げました。生きた心地がしなかったそうです。

あれから2年。赤ちゃんも立派に大きくなりました。当時はテント暮らしでしたが、今は家に住んでいます。

タブレットで当時の写真を見せて、隣で撮ってもらいました。近所の人たちが大喜びするなかで、ちょっとおびえた2歳半の女の子。それでもちゃんとポーズをとってくれました。

21歳のおかあさん、レイチェル。ギゴソ村。

2014年3月、21歳のおかあさん、レイチェル。ギゴソ村。

IMG_1281

2016年3月、ギゴソ村。