Category Archives: 未分類

Written on 11月, 01, 2021 by in | ぴいぷる2 87号 はコメントを受け付けていません

2021年9月30日発行 主な内容大地震から3年コロナにゆれるロンボク島(インドネシア) p1-3 フィードウィズ・ハート(フィリピン) p4-5 GAD フィリピンにおけるジェンダーと開発プロジェクトp6 pdfファイ …

Continue Reading...
Written on 4月, 11, 2021 by in | 4年目のフィリピン中村奨学生  はコメントを受け付けていません

フィリピンの農村に住む青年により高度な教育をうけてほしい。そんな願いをこめて始まった中村奨学金も4年目を迎えた中村奨学金。今回はそれぞれの目標にむけてがんばっている学生たちを紹介します。中村奨学金は小学校教師だった故・中 …

Continue Reading...
Written on 7月, 05, 2020 by in , | ドンゴリアの人々6千人弱を支援 はコメントを受け付けていません

新型コロナウィルスの影響で、ムニグダの町の市場に行くことが許されなくなっていたインドの山岳民族・ドンゴリアの人々。 1995年から支援を続けている草の根援助運動は、現地NGOニューホープを通じて、食料とマスク、それに医薬 …

Continue Reading...
Written on 4月, 14, 2020 by in | アグスカフェ休止のお知らせ はコメントを受け付けていません

2020年4月下旬から5月上旬にかけて予定されていた第15回鎌倉路地フェスは、新型コロナウイルス拡散防止のため、中止になりました。これに伴い、参加を予定していたアグスカフェも中止します。ご来店を予定してくださっていた皆さ …

Continue Reading...
Written on 3月, 21, 2020 by in , , | フィリピン活動家による講演会報告 フィリピンにおける超法規的殺害  はコメントを受け付けていません

 2019年11月24日、かながわ県民センターで「フィリピンにおける超法規的殺害」という重いテーマの講演会を草の根援助運動とSTOP THE ATTACKS CAMPAING 実行委員会との共催で開催しました。 …

Continue Reading...
Written on 11月, 17, 2019 by in | 緊急告知 講演会 日本は無関係と言えますか? フィリピンにおける超法規的殺害 フィリピンの活動家らが真実を語る はコメントを受け付けていません

草の根援助運動から講演会のご案内です。 ぜひご参加ください。 日本に無関係と言えるのか? 「フィリピンにおける超法規的殺害」 ―活動家が来日して真実を語るー   フィリピンではドゥテルテ政権下、麻薬対策をめぐる過激な取り …

Continue Reading...
Written on 10月, 27, 2019 by in | インドネシア・ロンボク地震  復興への取り組み はコメントを受け付けていません

2018年7月から8月にかけてインドネシアのロンボク島は大きな地震に見舞われた。草の根援助運動は、現地NGOの東ロンボク・ワーカーズ支援センター(ADBMI)とともに、2018年9月から被災地復興支援を開始した。震災後1 …

Continue Reading...
Written on 10月, 27, 2019 by in | 生計向上プロジェクト調査報告 はコメントを受け付けていません

持続可能な生計向上支援がフィリピン共和国、 アクラン州のイバハイ町、バンガ町、バレテ町で進行中! 2014年の巨大台風ヨランダによって甚大な被害を受けた地域に草の根援助運動の現地パートナーNGOであるPRRM(日本語名 …

Continue Reading...
Written on 4月, 07, 2019 by in | アグスカフェ with ロンボク はコメントを受け付けていません

今年のアグスカフェは4月28日(日)29日(月)13:00~16:00 です。 twitterで最新情報を発信いたします。アグスカフェ@agusmuliawanjp アグスカフェ店主が2018年12月にロンボク地震被災地 …

Continue Reading...
Written on 1月, 10, 2019 by in | ロマ・ヒダヤット(ADBMI代表)に聴く 1 はコメントを受け付けていません

草の根援助運動は、インドネシア地震の被災地ロンボク島を訪問し、現地NGOのADBMI(東ロンボク・ワーカーズ支援センター)代表ロマ・ヒダヤット氏のお話を伺いました。 R:Roma    T・K:運営委員 T:7月末および …

Continue Reading...